• 医院コンセプト
  • 医師・スタッフ紹介
  • 診療メニュー
  • 施設紹介
  • 診療案内・アクセス
  • お問い合わせ

中矢歯科医院 一日一話

2017年12月から下の奥歯(下顎第一大臼歯)も条件次第で白いかぶせ物が保険で作れるようになりました。

すでに小臼歯の治療では金属のかぶせ物に代わってプラスチック素材でできたかぶせ物であるキャドカム冠が保険治療で普及しつつあります。
特徴は何といっても色調が歯の色と似ていて銀歯より目立たないことです。
ハイブリッドレジンというプラスチック素材でできており、非常に細かいセラミックスの粒子を含んだ、限りなく気泡の少ない強化プラスチックブロックを専用の機械で削ってつくります。
歯ぎしりの強い患者様や氷、飴玉など硬いものを好んでガリガリかじって食べられる患者様には、冠が割れてしまう可能性が高くお勧めではありませんが、金属アレルギーのある患者様へは、お勧めできる素材となっております。
キャドカム冠.jpg
このキャドカム冠は患者様へのメリットにとどまらず、医療費の高騰を抑えたり、歯科技工士のなり手が少ない問題対策にもなっており、歯科界にとってもメリットがあります。
医療費の高騰を抑える役割とは、すなわち銀歯に使用する金銀パラジウム合金(略称、金パラ)の価格が年々高騰しているからです。金の価格が年々上昇しており、それに追随して金パラの価格も上がり続けております。プラスチック素材であると、急激な価格の上昇を抑えることができます。
今はどこも人材不足だと思われますが、歯科界もそうです。特に歯科技工士は人材不足で、かつ歯科技工士学校への入学希望者がおらずかなりの定員割れをしている状態で深刻です。
金属冠をつくるにしても作業が煩雑で、石膏模型から患者様の歯にピタッと入れるには、それなりの経験を積む必要があります。このキャドカム冠は、石膏模型を専用のスキャナーでコンピューターに読み込み、パソコン上で理想的な冠を設計して、強化プラスチックブロックを専用の機械で削ると出来上がります。それを石膏模型にどもしてピカピカに艶出し研磨すると完成ですので、治療ステップの簡便さから慣れてしまえばすぐに作れるようになります。労働環境の改善に一役かっております。当院では、今年4月に新卒で入社した技工士がすでに何百症例と勤務時間内に作っており仕上がり具合も熟練されております。
今月から下の奥歯(下顎の第一大臼歯)に条件付きで保険適用が認められたのも、こうした背景からだと推測できます。
今後も、患者様、歯科界双方にとってメリットのある良質なものが、保険適用されることを期待致します。
※下顎第一大臼歯へのキャドカム冠適応に際しての注意事項
 ●天然歯として他の第1大臼歯および第2大臼歯が存在している場合に限ります。
 ●小臼歯と同様、単冠に限ります。
 ●現状適用になったばかりですので、厚生労働省の認可を得ているハイブリッドレジンブロックが1社しかありません。
  今後、増えてくることは間違いありませんが、ただいま入荷が困難な状態です。
 ●破損する心配があるかみ合わせの場合は、ジルコニア冠(保険対象外)の方が適しております。
2017.12.18 Monday